バッテリー液の点検とチェック項目

2014.10.28|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

バッテリーは車の中でも電気系統を司る部分になっています。そのため、この部分に不良を起こすとさまざまな障害が発生します。例えば、バッテリーはエンジンを始動させるためのセルを回す働きを持っているので、バッテリーがなくなるとセルが回らなくなり、エンジンを始動することができなくなります。

さらにカーナビゲーションやオーディオ機器もバッテリーで動いているので、運転するときには確認する必要があります。
まず、バッテリーの中でも重要なのがバッテリー液の量です。バッテリー内には液体が入っており、この液体で蓄電をする仕組みになっています。そのため、液の量が少なくなってくると、蓄電できる電気が少なくなり、電気を発生させることができなくなります。

2つ目の点検するポイントになるのが電極の部分です。バッテリー内には電極が入っていますが、この部分が長期間利用していると腐食されて使えなくなってきます。こうなると蓄電することができなくなるので能力が落ちます。そこで、定期的に交換することも大切なポイントになります。
3つ目は液漏れなどの破損がないかもポイントです。破損していると液漏れをする可能性があるので、電気がたまらないだけでなく危険性もあります。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。