エアクリーナーの役割解説!

2014.10.28|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

自動車の動力源の一つであるガソリンエンジンやディーゼルエンジン等の場合には燃料と空気の混合気を爆発させてピストンを上下動させクランクシャフト等の多くの構造物を介して、上下運動を回転運動に変更します。燃料はタンクなどからポンプ等によって吸い上げられてコンピューター等の管理の下に適切な量が噴射されます。他方の空気は車体の周りから取り入れられます。私たちの周りに存在する空気ですが、これには大気の構成分子以外にも、細かいゴミや砂、粉じんなどが多く混ざっています。これらの不純物はエンジン等の内燃機に対しまして悪影響を与える事になります。不純物を含んだ混合気は爆発燃焼力に劣り、エンジンへのダメージやエンジン出力の低下、排ガスの有害性などにも関係する事になります。この対策の為の装置がエアクリーナーです。簡単に構造を説明致しますと空気取り入れ口と混合気を作る装置の間に有り、エアフィルターを持ち不純物を取り除く役割をします。空気をろ過して不純物を取り除くために、定期的なメンテナンスが必要になり汚れが酷い場合には交換する必要があります。構造的には簡単ですが、形状によっては空気の整流にも関わり、内燃機やエンジンパフォーマンスに関係する重要な部品です。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。