エアクリーナーの寿命について

2014.10.28|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

エアクリーナーとは自動車になら必ず設置されている部品の一つで、一般的にはエレメントとも言われています。エアクリーナーエレメントはエンジンが燃料を燃焼させるときに使う空気のごみやほこりを取り除く役割があります。空気をきれいにする必要があるのかと不思議に思うかもしれませんが、もしも仮にほこりやごみがエンジン内に入ってしまうと中で目詰まりを起こしてしまったり、エンジン内部の部品の消耗がひどくなってしまうことがあるのです。症状が軽度のものであればまだましですが、最悪の場合エンジン自体の故障の原因ともなってしまうので、エアクリーナーは定期的に点検しておく必要があります。
通常ならエアクリーナーの寿命は走行距離5万キロと言われています。もちろん、自動車の使用状況やエンジンの状態によって多少時期が前後する場合はありますが、大抵はこの時期前後の車検、定期点検でエアクリーナーの交換がなされます。
エアクリーナーの汚れ具合は自分でも簡単に確認することができます。燃費や排気ガスの調子が以前より悪くなった場合にはエアクリーナーが汚れて目が詰まっているという可能性もあるので、気づいた時点で確認しておくといいでしょう。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。