寿命の見極め方って?

2014.10.28|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

自動車バッテリーの寿命はバッテリーの能力により違いがあります。
新車に搭載されているバッテリーは3年保証のものが多いです。
しかし、自動車の使用頻度や方法によって違いが出ます。
例えば、夜の走行が多い人の場合バッテリーの消耗が早くなります。

極端な使用頻度ではなく、ごく普通であれば新車に搭載されているものは3年は持つでしょう。
ただ、バッテリーを予め交換する人は少なく、不具合が出てから交換するという人が多いでしょう。
大抵の場合、朝エンジンを始動しようと思うと、エンジンが掛からないということが多いと思いますが、このような場合まずはその場の対処としてバッテリーを充電してエンジンを始動させましょう。
取り付けられたバッテリーが何年経過しているかを確認して、年数が経過していれば交換しましょう。
バッテリーあがりは交換のサインです。

既に劣化が進み充電能力が乏しくなっているという意味なので、ブースターケーブルなどで救援車から繋いで、もまたすぐにバッテリーは上がります。
経年劣化ではない状態でのバッテリーあがりは充電で十分に回復しますが、経年劣化であれば交換しておくことをおすすめします。
いつも、車にブースターケーブルを積んでおくと良いです。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。