規格の見方と意味

2014.10.28|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

バッテリーの規格は、日本国内ではJISによって規定されており、側面などに貼ってあるステッカーの6ケタの英数字の表示をみることで様々な情報を確認することができます。6ケタの英数字のうち、先頭の2ケタは、バッテリーの性能を表す数値を意味しています。この数値は、5時間率容量と呼ばれ、1時間当たりのあのアンペア数を知ることができます。例えば、先頭の数値が55の場合は、55を5で割った11が1時間当たりのアンペア数になります。この場合は、11アンペアの電流を5時間で放電するという意味を示します。この値が大きいほど、高性能のバッテリーと見分けることができます。次の1ケタはバッテリーの側面サイズを表し、AからHのアルファベットで表記されます。アルファベットごとに、サイズが規定されており、Aが最も小さく、Hが最も大きくなります。次の2ケタは、バッテリーの長側面の長さを表しており、長さをセンチメートルの単位でそのまま数値として表記されています。最後の1ケタは端子の位置を表し、Lであれば、+端子が左側、Rであればプラス端子が右側にあることを示しています。記号なしの場合は、片側面にプラスとマイナスが付いているタイプになります。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。