自分でもできる交換方法って?

2014.10.28|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

バッテリーが上がってしまうと、エンジンをかける事が出来なくなってしまいます。ですからライト類の消し忘れには注意が必要です。特にスモールライトや室内灯は点けっぱなしにしがちなので、気をつけましょう。また車の使い方もバッテリーに大きな影響を与えます。長距離をよくドライブする場合は問題無いのですが、短い距離しか運転しない場合はバッテリー上がりの危険性が有ります。頻繁に車を運転していても、短距離では十分に充電されないのです。またエアコンなどを使用していると、さらに充電されないので注意が必要です。車の使い方が正しくても、バッテリーに寿命が来ていると充電されなくなります。寿命が来たら交換が必要になります。エンジンをかける時にセルの回りが重いと感じたら、交換時期と判断しても良いでしょう。バッテリーの交換方法はとても簡単なので、自分で行う事も出来ます。ホームセンター等で安売りのバッテリーを購入して、交換してしまえばとても経済的です。交換の手順のポイントはマイナス端子から外して、プラス端子から付けるという事です。交換後は端子のプラス側に、カバーをしっかりと付けておきましょう。また取り付け金具をしっかりと締めて、動かない事を確認する事も大切です。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。