交換のタイミングについて

2014.10.28|未分類

このエントリーをはてなブックマークに追加
Check

車にはさまざまな部品が搭載されていますが、そのなかには時間の経過と共に交換が必要な物もあります。従って車検を行う際や定期的な点検を行う際には、しっかりとその時期を見極める必要があります。車の中にはバッテリーが搭載されていますが、これを変えるタイミングは3年から4年、または走行距離が4万キロから5万キロになったときに行うと言うことが目安です。

作業については必ずエンジンを切った状態で行います。そしてまずはバッテリー液が不足していないかの確認をします。この補充液に関しては蒸留水となっているので、もし急になくなっていることに気がついた場合にはきれいな水を入れてしのくことができます。点検に関しては、コードがつながっている部分がターミナルとなっていて、カバーがかかっている方が+極となります。この部分の接続がしっかりと行われていないと電気が流れないのでエンジンがかかりません。

錆や汚れがひどい場合にはこの部分の接続が悪くなるので、きれいにしておきます。バッテリーその者を変える場合には、同じ記号の物を用意します。わからないことがあればデーィラーなど専門の知識のある人に確認をしてもらうと安心です。自分で行うことも可能ですが不安な場合にはプロの人に依頼をします。

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

コメントは締め切られました。